お知らせ

当教会では聖餐式を中心に、さまざまな行事や活動が行われています。
ここでは最近の出来事やこれからの予定などをお知らせいたします。

■アン王女が来会されました
過酷な海上労働に従事する船員たちを支援する団体ミッション・トゥー・シーフェアラーズ(以下MtS略)の働きを覚える日英合同の礼拝が、MtSの総裁であられる英国王室アン王女ご臨席のもと、10月13日横浜山手聖公会主聖堂で執り行なわれました。
※MtSの働きはこちらをお読みください。
 


■「秋のバザー」
本年のバザーは10月27日(日)に実施しました。
天候にも恵まれて、盛況のうちに無事終了しました。
お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。
こちらをご覧ください。

 

■初めて礼拝に参列される方に
当教会では皆様を心から歓迎いたします。
はじめにこちらをお読みになってください。

◇当教会の信徒で、さまざまな理由により私宅・病床聖餐をご希望の方は、司祭までお申し出ください。

教会での結婚式

結婚は、人生で恐らく最も重要な出来事でしょう。証人と共に神の前に立ち、選んだ相手とこれからの人生を歩むことを約束します。
教会に属す人々は、神の前でそして神の祝福によってパートナーを愛し、世話をするという約束をしたいと強く感じます。神について明確な考えを持たない他の人々でさえ、教会がそういう人生のおごそかな約束をするのにふさわしい場所であると感じるのはもっともです。
結婚の誓約は、非常に古く、非常に親しいものです。
「神の定めに従って、わたしはあなたを妻(夫)とします。今から後、幸いなときも災いのときも、豊かなときも貧しいときも、健康なときも病気のときも、あなたを愛し、あなたを敬い、あなたに仕え、あなたとともに生涯を送ります。今これを約束します。」
結婚は、神の創造の恵みであり、その恵みを受ける手段であり、男と女が一つの肉となる神聖な秘義です。夫と妻が生活を通して愛の内にお互いを与え合い、愛の内に結び付けられる事が、神の目的です。
結婚において、夫と妻はお互いのものとなり、一緒に新しい生活を始めます。それは、全ての人が尊ぶべき生き方であり、不注意や軽々しく、あるいは、勝手気ままに行われるべきではなく、うやうやしく責任を持って、真剣に考えてから行われるべきです。
教会で結婚したいと願うカップルは、一緒に自分たちの新しい人生の準備をすることが必要です。教会は、そのお手伝いをいたします。

続きを読む教会での結婚式