【体験談】結婚したら住んでみたいおすすめな街5選

結婚して、新生活を始める時に、どこの街で大切なパートナーと一緒に住むのか?という課題は、とても大事な問題です。

結婚して、2人の生活が実際にスタートすると、生活環境がガラリと変化するので、独身時代には気付かなった様々な生活上の問題点や課題などが見えてくるものです。

引っ越し作業が終わってしまった後で、後から気付いて、「後の祭りでした」という状況に陥らないためにも、事前のきちんとした情報収集が大切になってきます。

この記事では、新生活のスタート時点で躓かないためのベストな街選びについて私自身の体験談を基にした実際の生の情報を提供していきたいと思います。

【吉祥寺】

「吉祥寺」は、都会の利便性田舎の豊かな自然環境が併存しているとても住みやすい街です。

京王井の頭線、JR吉祥寺駅に直結しているとても便利な大型ショッピングセンターがあります。携帯電話の購入や洋服のお直し、保険の契約や旅行の予約などができる地下2階から9階まである大型総合施設になっています。

また、「吉祥寺」には食料品や日用品、ファッション雑貨、書籍などの日常生活に必要な生活必需品を賄うことのできる百貨店もあり、結婚して家族で暮らしていくのに、とても生活しやすい環境となっています。

「吉祥寺」には、43万㎡の総面積を誇る広大な公園があり、豊かな自然環境にも恵まれています。

また、美術館もあり、芸術的な色合いを強く放っているのが「吉祥寺」という街のカラーでもあります。

私が結婚を意識して、一番最初に引っ越して住んでいたのが、この「吉祥寺」です。

結婚こそしなかったものの、当時付き合っていた恋人とはよく「吉祥寺」の街を一緒にお散歩デートしていました。

あぁ、懐かしい・・・(笑)

「吉祥寺」の街は、あちこちが見所満載な街なので、仕事が休みの日なんかは、早朝から夜遅くまでクタクタになるまで楽しめますよ。

もし、あの時、付き合っていた恋人と喧嘩しないで上手くいっていたら、たぶん、今でも「吉祥寺」に住み続けていたに違いありません。

それぐらい「吉祥寺」という街は、魅力的で住みやすい街です。

自然環境豊かな文化的な街で、大好きな人との新たな結婚生活をスタートさせるには、とってもおすすめできるイチオシで大好きな街です。

【お台場】

結婚したら、「お台場」に住んでみたいというカップルも多いと思います。

「お台場」には、他のエリアにはないアミューズメントパークや娯楽施設などが数多くあります。

東京都の観光スポットとして有名な「お台場」で、格好良く、新婚生活をスタートさせてみるのもいいのではないでしょうか。

「お台場」ではないですが、隣街に住んでいたことがあったので、「お台場」には、幾度となく結構、遊びに行ってましたが、非日常体験ができるテーマパークが数多くあるので、一日中居ても、全然飽きないで、とても楽しい時間を過ごすことができましたね。

特に、「お台場」の夜景は、都内で1、2を争うほど、とっても美しいので、新婚期間が過ぎてしまって、2人の間柄がマンネリ化してしまったとしても、いつまでも恋人気分でいられます。

「お台場」ロマンチックな街並みが、パートナーの浮気防止に一役買ってくれます(笑)。

テレビや雑誌でしか見ることがなかった「お台場」の夜景が、生活の一部として組み込まれている華やかな結婚生活が上手くいなかい方がおかしいですよね。

「お台場」という街で、華やかな結婚生活をスタートすれば、結婚した後の夫婦仲をずっと円満に保っていくことができます。

【表参道】

ハイセンスな男女が住みたいと思う街の代表格が「表参道」なのではないでしょうか。

「表参道」には高級ブランドショップが数多く軒を連ねていて、通りを歩いているだけでも、とても楽しい休日を過ごすことができます。

「表参道」の綺麗な街並みは、日本ではなく、西欧諸国にでも旅行に来たかのような錯覚を覚えるほど整然としていて美しいと思います。

「表参道」に住むというと、敷居が高いような感じがしますが、せっかく大好きな人と一緒に新婚生活をスタートするのですから、少しぐらい背伸びして、敷居の高い街に住んだ方が、新しい運気も巡ってくるものです。

「表参道」なんてオシャレな街は、私たちのようなオシャレに疎いカップルには不釣り合いだと決めつけてしまうのは、少しもったいない気がします。

「街が人を育てる」と私は思っています。

今現在の姿が、その街の雰囲気とミスマッチだったとしても、その街に住み続けていくことによって、やがて、「その街の住人」と化していくのです。

「表参道」で新婚生活を始めることで、輝かしい未来への第一歩を歩み始めることになるのです。

何事も最初から諦めてしまって、行動を止めてしまうのではなく、自分がなりたい理想像を明確に思い描きながら進んで行くことで幸せを掴むことができるのです。

【横浜】

私の個人的な好みとしては、二番目に大好きな街が「横浜」です。

別に、街並みがロマンチックで綺麗だからとか、そういう一般的な理由ではありません。

一時期、「横浜」の高層ビルの中で働いていた経験があるので、どうしても「横浜」には、他の人よりも強い思い入れがあるのです。

ちょうど「第二のふるさと」みたいな感じです。

「横浜」には大変お世話になっているので、若干えこひいきな内容になってしまいますが、そこのところは差し引いてお読み下さい(笑)。

「横浜」で実際に働いていただけあって、毎日のように、「横浜」にいました。

もう「浜っ子」です(笑)。

「横浜」は、恋人のデートスポットとしても有名な場所なだけあって、数々の有名レストランが日々、凌ぎを削っていて、どこのレストランで食事をしても「ハズレだった。」ということは一度もなかったですね。

個人的な体験による感想としては、「横浜」という街は、とても洗練された街だなと思います。

【汐留】

私が今まで住んできたエリアで、一番大好きだった場所が「汐留」です。

「汐留」と聞くと、お金持ちの人や高収入な職業の人だけが住める場所というイメージが先行しがちですが、私個人の実際に住んでみて感じた印象としては、別にそこまで敷居の高い場所ではないというのが率直な感想です。

実際、「汐留」の隣の駅は、あのサラリーマンの街として有名な「新橋」です。

電車に乗らなくても、歩いても行けてしまうほどの短い距離です。

「汐留」の街の最大の長所は、高級ホテルでアフタヌーンティーをご馳走になれるような場所とお手頃価格でカジュアルな料理を楽しめる場所とが隣り合わせになっている点です。

高級感と庶民的な肌感覚の両方の価値観を満喫できるのが、「汐留」の街で結婚生活を始める上での最大のメリットだと私は体験上思います。

この感覚は、実際に「汐留」に住んでみないとなかなか実感できないと思うので、少しでも興味や関心を持ってくれたなら、大好きなパートナーと一緒に「汐留」に引っ越してしまうというのも面白いと思います。

まとめ

この記事では、私自身が実際に住んでみてよかったと思った街や働いていた街として感じたことなどを織り交ぜながら、「結婚したら住んでみたいおすすめな街」5つ紹介してきました。

もちろん、この5つの街以外にも素晴らしい街は日本に沢山ありますが、仕事や家事、育児などで忙しい日々を送っていて時間のない方でも、短時間で効率的に情報収集できるように、5つに絞って書かせて頂きました。

新婚生活は、新しい人生の幕開けでもあり、人生の中で、とても大切な時期です。

この記事が、新しい人生の門出のお役に立てたならば、これ以上嬉しいことはありません。

最後まで読んで下さって、どうもありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました