夜の散歩やジョギングをする時は光るアイテムを持っていてほしい理由

夜の散歩やジョギングをする時は光るアイテムを持っていてほしい理由 観察日記
スポンサーリンク

最近は、警察の方でも注意喚起していて、反射板などのアイテムを配布していたりするので気を付けている人も増えていると思います。

都市部や普通に店の多い街中なら街灯が灯っていて明るいですが、田舎で川沿いのランニングコースで犬の散歩やジョギングをしていると、田舎ゆえの悩みの一つであるゼロ街灯地帯の存在のお陰で、道行く人同士が暗闇でぶつかるという事故が多発したりしているのです。

一番怖いというか確認が遅れやすいのが歩行者で、自転車で走行していると自転車は明かりがあるので、前方をある程度照らせますが、ある程度の距離まで歩行者が近づかないとライトが当たらないので、ライトが当たって初めて前方から歩行者が来ているということを確認するのです。

それだと、自転車の速度が速かった場合は歩行者の人の当たってしまう可能性も高いので、歩行者の側に自転車のライトが反射する反射板などの対策をする必要が出てくるのです。

昔は暗闇で自転車と歩行者がぶつかっても、自転車が100%悪いという事になって事情聴取されなかったのですが、近年は反射板を付けていなかった歩行者にも非があるという判定になるそうなので、真っ暗闇の夜道を歩く予定のある人は、反射板を服に付けるかもしくは懐中電灯を持って歩いてほしいですね。

どうも、何も光る物を身に付けないで歩いている歩行者の心理では、車道を車が走って行くたび、車のライトが自分たちに当たっているから、車の方は歩行者を遠くからでも認識できるので大丈夫だと思っている人が結構多いようですが、実際に、車に乗って真っ暗闇を走行中に歩行者にライトが当たると、車の運転をしている人からすると、急に暗闇から人が現れて驚くことが多いそうなのです。

つまり、真っ暗闇で歩いていても、ライトを点けている自転車や車が歩行者を認識してくれるだろうから大丈夫!ではなく、歩行者の方からも今自分たちはその方向に歩いて行きますよ!というアピールのために、反射板懐中電灯を持っていてほしかったりするのです。

そのあたりの相互理解や認識が、まだ歩行者の間で浸透していないので、できれば、この記事をきっかけにして、しっかりと理解してほしいと思います。

また、真っ暗闇で犬の散歩をしている時に、自転車が犬に当たって、犬が大怪我をするという事件も起きているそうなのですが、人が懐中電灯を持っていても、散歩紐を長く伸ばして散歩をしていると、犬にはまったく光が当たらずに、人を避けた自転車が犬に突進してしまう場合もあるのです。

ですから、できることならば、犬の方にも光りやすい物を身に付けて散歩するようにしてほしいと思います。

冬場の夜は暗闇が深いというか、夏よりも濃い漆黒の闇に包まれるような感覚があるので、暗い夜道に出かける際は光るアイテムを必ず持って歩いて行きましょう。