水分補給は夏の時期だけではなく冬の時期でも大事だという話

水分補給は夏の時期だけではなく冬の時期でも大事だという話 観察日記
スポンサーリンク

季節が巡って寒くなってくると、暑くて汗だくになって厳しかった夏のことを羨ましく思ってしまう人類は、ある意味、凄いなと思ったりするかもしれません。

夏の日々の暑さは我慢していると、人体の生命的な危機である熱中症になりやすいということで、それを予防するために、氷が溶けている冷水を飲んだりして、水分補給を多目にするようにいわれていますが、実は、寒くなってくる冬でも、同様に、水分補給は重要なのです。

冬は熱中症にならないし、特に、水分補給をこまめにしなくても大丈夫なのではないか?と思われるかもしれません。

しかし、冬は、暖房の熱風やストーブを焚いていたりして、空気が乾燥している状態になりやすいばかりか、外に出ても空気が乾燥しているので、こまめに水分補給をしないと、喉がイガイガしたり、カサカサするような感覚に襲われやすいのです。

また、こまめに水分補給していないと、お肌も乾燥してカサカサになって、皺になりやすくなったりするので要注意ですね。

寒い時の水分補給をジュースやスポーツドリンクでしてしまうと、体調を崩して病気になってしまうと思っている人は、熱いお茶やコーヒー飲料などを飲んだりするのも効果的なので、是非、飲んでほしいところですが、お茶の場合は、その成分の中に利尿作用があるので、お茶ではなく、お湯(白湯)を飲むとよさそうです。

ただ、行く先々に設置してある自動販売機には、冷たい水は売っているけれども、温かいお湯(白湯)が売られていることがないので、各種飲料メーカーの自動販売機担当の部署で働いている方には、お湯(白湯)も自動販売機に設置してほしいと切に願います。

しかし、実際のところ、お茶なり、お湯(白湯)なりは、寒い時期では、一体どれくらいの量を飲んでいるのだろうかと考えてみると、実は、結構、夏の熱い日の日中は飲んでいたりするので驚きます。

1日当たり2リットルの水分補給をするのが理想とされていますが、朝起きて1リットルぐらい入る保温ポットに沸かしたお湯をお茶にして飲んで、夕飯の頃に、また沸かして、夜もお茶を飲んだりすると、意外と本当に1人当たりで2リットル近く飲んでいるものです。

寒さを凌ぐために、身体の中に暖かいものを取り入れようとして、お茶を飲むことが多いですが、実際は、身体の中が水分不足になってしまっている状態を悟られないように、身体から「水分を摂取せよ!」という命令に突き動かされているのかもしれませんね。

とにもかくにも、意外と、結構、冬場でも身体からの指示で、大量の水分を飲まされているのですが、その理由は、寒さを凌ぐよりも身体の中の渇きをなくすためだということを念頭に置いておくとよいでしょう。